「この一皿」の原点。
SINCE 1968

ドンキーヒストリー

創業時から変わらぬ「お客様が喜ぶ顔が見たい」という思い。 創業時から変わらぬ「お客様が喜ぶ顔が見たい」という思い。

1968年12月、岩手県盛岡市に誕生した
ハンバーガーとサラダの店「べる」。
13坪の、そのこぢんまりとしたお店には、
「小さな店であることを恥じることはないよ。
その小さなあなたの店に
人の心の美しさを一杯に満たそうよ」という
言葉が掲げられていました。
この小さな店こそが、びっくりドンキーの原点です。

「手作りの温かさを表現したい」という思いで、
スタッフ総出で内装を手掛けるようになったのは、
この4年後に開店した新店舗から。
こうした思いが、
店舗ごとに店づくりのテーマを決め、
お客様に楽しんでいただける趣向を凝らした
現在のびっくりドンキーならではの
「独創的な店づくり」に受け継がれています。

店づくりだけではなく
食づくりへのこだわりが生まれたのもこの頃。
お店の主力メニューをハンバーガーから、
ハンバーグランチへ転換。
これが、びっくりドンキーで
おなじみのディッシュメニューの原型となりました。

盛岡市で生まれた13坪の店「べる」は、
こうした数々の試みを繰り返しながら、
その後「びっくりドンキー」の名で全国へ展開。
食の提供を通じて、
人の幸福と健康に貢献する。
自然と環境を大切にする。
創業当時から求めつづけている私たちのこの精神は、
これからも変わることはありません。

ハンバーグレストラン ベル大通店

ハンバーグレストラン ベル大通店

気になる?「びっくりドンキー」の名前の由来。 気になる?「びっくりドンキー」の名前の由来。

「びっくりドンキー」=驚いたロバ、
へんな名前ですね。
でも、一度聞いたら忘れられない、
不思議な名前だと思いませんか?

この名前、
たくさんの人をニコニコワクワクさせるのが
大好きだった創業者、庄司昭夫の命名によります。
「かっこいい」とか「スマート」なんて
絶対に言えないロバですが、
その目には優しさが満ち、
どんなときでも一生懸命に頑張る、
そんなイメージがあります。

「のろまでもいい、たくましく育って欲しい」
そういう気持ちが、
店の看板となる店名に「ドンキー」となって
登場したわけです。

TOP