快適な飼育環境で、のびのびと。

ポーク

食肉としての安全、
食味のよさを実現するために。
ハンバーグに使用するポークは、
快適な飼育環境で
薬の使用を制限して育まれています。

豚はストレスに弱い動物だから。 豚はストレスに弱い動物だから。

びっくりドンキーのハンバーグは
ビーフとポークの合い挽き肉。
そのポークは、
びっくりドンキーがこだわり抜いてきた
ハンバーグの味の決め手のひとつです。

ハンバーグに使用するポークは、
神経質な豚の特性に配慮した飼育環境で
育てられています。

ストレスのかかる環境で育つ豚は、
それだけ多く抗生物質などの
動物医薬品に頼らなければなりません。

契約農場は日本国内およびカナダ、
メキシコにあります。
生後90日から出荷までの期間は
成長に必要のない抗生物質の使用制限を設け、
この基準を満たした
豚肉の調達100%を目指しています。

国産飼料活用の取り組み 国産飼料活用の取り組み

国内の契約農場では、
食品工場の製造工程から出る
副産物や飼料米を餌として活用し、
国産飼料比率を高めた
ポークの調達を開始しています。

TOP