手間をかけ、農薬を省いて。

お米

びっくりドンキーのお米は、
日本各地の契約生産者の皆様に
農薬の使用を省き「除草剤1回」だけで
育てていただいた
オリジナルのお米「省農薬米」です。

安全・安心なお米の提供を目指して。 安全・安心なお米の提供を目指して。

びっくりドンキーの省農薬米は
手間をかけ農薬を省いたオリジナルのお米。
一般的な農法では年間を通して
農薬がおよそ5~9回使用されているところを
「除草剤の1回だけ」に制限しています。
その除草剤も、できるだけ
害の少ない成分のものを選定しています。

省農薬米への取り組みは
1996年に始まり、
2000年に一部の店舗でご提供を開始。
2006年には
びっくりドンキー全店舗で
提供するお米が省農薬米になりました。

お米の品種は適地適作を基本に、
生産性や病気への強さなどを考えて決定。
「ひとめぼれ」「コシヒカリ」を中心に
複数の品種を採用しています。

省農薬米の3つの条件

  1. 1原産地と生産者を指定し、
    生産者による出荷者証明ができること
  2. 2病気や害虫駆除のための農薬使用を
    禁止し、除草剤1回のみ許容
  3. 3食味Aランク以上が目標

農薬を省くために、積み重ねる努力。 農薬を省くために、積み重ねる努力。

びっくりドンキーの省農薬米は現在、
秋田県・岩手県・宮城県・山形県など
東北地方を中心に全国でおよそ600名の
契約生産者の皆様に栽培していただいています。

「どの産地の、どの田んぼで、
どのように栽培されたものか」がわかるお米を、
びっくりドンキーは自信をもって
お客様にご提供しています。
生産者の皆様は、使用する農薬を減らすため、
様々な工夫を凝らしています。

取り組み例

プール
育苗
活力ある
苗を
育てます。
温湯
消毒
種もみに付いた
病原菌を、
殺菌剤を使わずに
お湯で殺します。
5センチ
農法
苗を
浅く植えることで、
強い根を
育てます。
疎植
栽培
苗と苗の間を広く取り、
風通しや日当たりを改善。
病害虫の発生などを
防ぎます。
深水
管理
水温保持とともに、
雑草を抑え、
病害から稲を
守ります。

省農薬米の田んぼは、いのちの教室になります。 省農薬米の田んぼは、いのちの教室になります。

農薬使用が少ないということは、
収穫後の残留農薬の危険性が減るだけでなく、
より自然に近い状態で育てることが
できるということ。

省農薬米の田んぼには、
カエルやドジョウをはじめ
多くの生きものたちがすんでいます。

びっくりドンキーでは
契約生産者の皆様や地域の子どもたちと
一緒に「生きもの調査」を定期的に実施。
たくさんのいのちが集まり支え合う田んぼは、
格好の教育の場でもあるのです。

TOP