選び抜かれた原料と、
ドイツの伝統的製法。

ビール

びっくりドンキーのビールは、
北海道小樽市にある
自社醸造所でつくられ、
全国のお店へと届けられています。
厳選された最高の原材料をふんだんに使い、
時間と手間をたっぷりかけた、
本物のドイツビールです。

ドイツ産有機栽培麦芽とドイツ産アロマホップだけを使用。 ドイツ産有機栽培麦芽とドイツ産アロマホップだけを使用。

麦芽も、ホップも、ともにドイツ産。

ビールの本場・ドイツは有機農業が盛んな国。
びっくりドンキーのビール造りでは
有機栽培の麦芽だけを使用しています。

「ビール純粋令」に従い、ドイツの伝統的な製法で。 「ビール純粋令」に従い、ドイツの伝統的な製法で。

1516年にドイツで制定された法律
『ビール純粋令』。
食に関する法律の中で、現存する最古のものです。
この法律はビールの原材料を
「麦芽・ホップ・水・酵母のみ」と定めるもの。
ドイツビールの品質を長年に渡り支えてきました。

北海道小樽醸造所では『ビール純粋令』に従い、
有機栽培麦芽とアロマホップ、
そして自家製の酵母と北海道の軟水だけを使用。

米、コーン、スターチなどの
副原料の使用や、保存料・安定剤
などの添加を一切行わず、
生きた酵母の力を借りて、
自然で純粋なビールづくりを行っています。

4つの原材料 4つの原材料

麦芽

麦芽
麦芽とは、主に大麦を
発芽・乾燥させたものです。
びっくりドンキーでは
ドイツの契約農場から
有機栽培の大麦を直接買い付けています。
人工的な防虫剤や化学薬剤、
化学肥料を使用しないため、
その栽培には細心の注意が
必要とされます。

麦芽

ホップ

ホップ
使用するホップは、
すべてアロマホップ。
ドイツの契約農場では、
現在ではほとんど栽培されていない
古い品種のアロマホップを
びっくりドンキーのために
特別に栽培していただいています。

ホップ

酵母

酵母
酵母はビールの発酵を行う微生物。
麦汁に含まれる糖分をアルコールと
炭酸ガスに転化させる役割があります。
5~6種類の生きた自家製酵母を、
ビールの種類によって使い分けています。

酵母

水

水
北海道・小樽に醸造所を構えたのは、
この土地の水が
ビール造りに適しているから。
北海道の水はミネラルのバランスが
優れた軟水。
麦芽から抽出した糖分がよく溶け込み、
コクのあるビールを
つくることができます。

水

手がけるのは「ブラウエンジニア」のヨハネス・ブラウン。 手がけるのは「ブラウエンジニア」のヨハネス・ブラウン。

北海道小樽醸造所の醸造責任者は、
ドイツからやって来た「ブラウエンジニア」
ヨハネス・ブラウンです。

手がけるのは「ブラウエンジニア」のヨハネス・ブラウン。

ブラウエンジニアとは ブラウエンジニアとは
ドイツの難関国家資格。
ビール醸造はもちろん
ビール工場の設計、
ビールのマーケティングに至るまで、
ビールづくりの全てにかかわります。
ビール醸造だけを扱う
「ブラウマイスター」よりも
幅広い能力・知識・経験が
必要とされます。

〈ビール醸造〉〈ビール工場の設計〉
〈ビールのマーケティング〉
ビールづくりの全てにかかわる。

〈ビール醸造〉だけを担当する資格。

ブラウエンジニア ヨハネス・ブラウンからのメッセージ ブラウエンジニア ヨハネス・ブラウンからのメッセージ

私たちのビール造りには、
同じ日は一日もありません。
麦芽もホップも、酵母の元気さも違う。
けれど、最後は同じ味を出したい。
そのためには毎日新しいチャレンジが必要ですし、
それがビール造りの面白さでもあります。
そうして私たちがつくったビールを飲みながら
喜び、笑い、楽しい時間を過ごしてくれる
お客様の顔を見られるのは、
とてもうれしいことです。
びっくりドンキーのビールは
厳選した原材料を使用し、
ドイツの伝統的な製法で造っています。
たくさんのお客様に、ぜひ飲んでいただきたいです。

ブラウエンジニア ヨハネス・ブラウンからのメッセージ ブラウエンジニア ヨハネス・ブラウンからのメッセージ

ブラウエンジニア ヨハネス・ブラウンからのメッセージ

TOP