快適な飼育環境で、のびのびと。

ポーク

びっくりドンキーのハンバーグは
ビーフとポークの合い挽き肉。
ポークも、ビーフと同様に
人工的に肥育を促進させる
ホルモン剤の使用を禁止し、
自然な動物の成長を
尊重しています。
そして、食肉としての安全、
食味のよさを実現するために、
豚がストレスなく健康で
いられるよう、快適な飼育環境で
育まれています。

豚はストレスに弱い動物だから。 豚はストレスに弱い動物だから。

豚はストレスに弱いことや、
豚同士が鼻をくっつけることで
簡単に感染してしまう
ような病気が多いことが
言われており、それだけ
抗生物質などの薬に
頼らなければいけません。

しかし、抗生物質を多用することで
稀に発生する「薬剤耐性菌」による、
人の健康への悪影響が懸念されており、
※抗菌性飼料添加物の使用を
制限されたポークを調達しています。
※「抗菌性飼料添加物とは」
成長促進などを目的に飼料安全法により
規制された範囲内で獣医師の処方箋なく
飼料に添加できる抗生物質のこと

※「抗菌性飼料添加物とは」
成長促進などを目的に飼料安全法により規制された範囲内で獣医師の処方箋なく飼料に添加できる抗生物質のこと

契約農場は日本国内および、
オランダ・メキシコ・チリ・ポルトガル・
イギリス・フィンランド・カナダ
にあり、1頭当たりの飼育面積などは、
アニマルウェルフェアの考えを
取り入れて、結果的に
抗生物質を必要としないような
健康な豚を育てることを目標に、
更なる抗生物質の
投与削減に向けて取り組みを
行っています。

国産飼料活用の取り組み 国産飼料活用の取り組み

国内の契約農場では、
食品工場の製造工程から出る
副産物や飼料米を餌として活用し、
国産飼料比率を高めた
ポークの調達を開始しています。

TOP