トップページビール純粋令500周年 2016年4月23日

これが、純粋なビール

2016年4月23日ビール純粋令500周年

ドンキーオーガニックビール(生)が守り続ける”純粋なビール作り”これまでも、これからも守り続ける、500年目の約束

※一部お取り扱いのない地域・店舗がございます。詳しくは各店舗のメニューからご確認いただけます。

純粋令とは
01

ビール純粋令とは?

「純粋」を誓う、500年目の約束

1516年にドイツで制定された法律「ビール純粋令」1516年にドイツで制定された法律「ビール純粋令」

ビールの原材料を麦芽、ホップ、酵母、水のみと定めるこの法律をドイツの醸造所は現在も守り、米、コーン、スターチなどの副原料の使用や、保存料、安定剤などの添加を一切行わない、自然で純粋なビールづくりを行っています。
ドンキーオーガニックビール〈生〉の原材料は、ドイツ産有機栽培麦芽、ドイツ産アロマホップ、自社培養の酵母、北海道の軟水の4つだけ。
これらを使用し、北海道小樽の自社醸造所で、ドイツの伝統的な製法を用い醸造しています。

こだわりの素材
02

ビール純粋令を守り続ける、4つの原材料

麦芽、ホップ、水、酵母

これが、純粋なビール。

ドイツ産有機栽培麦芽

「ドンキーオーガニックビール〈生〉」専用のオーダーメイド有機麦芽「ドンキーオーガニックビール〈生〉」専用のオーダーメイド有機麦芽

びっくりドンキーではドイツの契約農場から有機栽培大麦を直接買い付けています。
時々の大麦の出来に合わせて製法を製麦工場に指定し、
ドイツ国内の契約製麦工場で麦芽にします。

ドイツ産アロマホップ

特別に栽培された、ドイツ産アロマホップ特別に栽培された、ドイツ産アロマホップ

味や香りはよいものの、栽培の難しさから現在ではあまり生産されていない
古い品種のアロマホップを、びっくりドンキーのために特別に栽培していただいています。
ドンキーオーガニックビール〈生〉の香りと味わいはこのアロマホップから生まれます。

北海道の軟水

よいビールをつくれるのは、「よい水」のある場所よいビールをつくれるのは、「よい水」のある場所

私たちが北海道小樽市に醸造所を構えたのは、この土地の「水」がビールづくりに適していたから。
北海道の水はミネラルのバランスがよく、口当たりの良い軟水。
ドンキーオーガニックビール〈生〉はすべてこの地で醸造され、日本全国の店舗へ届きます。

自社栽培酵母

ゆっくりと時間をかけて、酵母が生み出す自然な炭酸ゆっくりと時間をかけて、酵母が生み出す自然な炭酸

麦汁の糖分をアルコールと炭ガスに変える工程が、「酵母」が担う「発酵」の工程。
ドンキーオーガニックビール〈生〉の炭酸は、この「酵母」がつくった自然な炭酸のみで
つくられています。

伝統製法

伝統製法

純粋なビールを生み出す、ドイツの伝統製法

ブラウエンジニアとはドイツの難関国家資格。

ビールの原材料を麦芽、ホップ、酵母、水のみと定めるこの法律をドイツの醸造所は現在も守り、米、コーン、スターチなどの副原料の使用や、保存料、安定剤などの添加を一切行わない、自然で純粋なビールづくりを行っています。
ドンキーオーガニックビール〈生〉の原材料は、ドイツ産有機栽培麦芽、ドイツ産アロマホップ、自社培養の酵母、北海道の軟水の4つだけ。
これらを使用し、北海道小樽の自社醸造所で、ドイツの伝統的な製法を用い醸造しています。

自信の、一杯
04

自信の、一杯

北海道小樽から全国へ、お店で体感してほしい香りと味わい

品質へのこだわり

できあがったビールは鮮度を保つため冷蔵状態で北海道小樽から全国のお店へ運びます。
また、お店ではホップの香りと麦芽のコクが引き立つ飲み頃温度約6℃でご提供するなど、醸造所の品質管理にも気を配っています。

  • 近隣店舗を探す
  • ドリンクメニュー

※一部お取り扱いのない地域・店舗がございます。詳しくは各店舗のメニューからご確認いただけます。

  • お近くの店舗を探す
  • ドリンクメニュー
  • ※一部お取り扱いのない地域・店舗がございます。詳しくは各店舗のメニューからご確認いただけます。
  • ※飲酒は20歳になってから。
  • ※飲酒運転は法律で禁止されております。当店では、運転される方へのアルコール提供はお断りしております。
TOP