トップページ > コロコロステーキ(ナチュラルビーフ)

KOROKORO STEAK コロコロステーキの、“ビーフ”のひみつ。KOROKORO STEAK コロコロステーキの、“ビーフ”のひみつ。

びっくりドンキーでは、安心安全な食材を目指して「ナチュラルビーフ」に1997年から取り組んでいます。ハンバーグにももちろん使用していますが、ナチュラルビーフだけを楽しめるメニューが、コロコロステーキです。びっくりドンキーでは、安心安全な食材を目指して「ナチュラルビーフ」に1997年から取り組んでいます。ハンバーグにももちろん使用していますが、ナチュラルビーフだけを楽しめるメニューが、コロコロステーキです。

ナチュラルビーフの2つの基準 びっくりドンキーの「ナチュラルビーフ」ナチュラルビーフの2つの基準 びっくりドンキーの「ナチュラルビーフ」

穀物飼料は使わず牧草による放牧飼育

成長ホルモン剤を使用していない

ナチュラルビーフへの4つのこだわり ここがすごい!こだわりをご紹介ナチュラルビーフへの4つのこだわり ここがすごい!こだわりをご紹介

こだわり1 穀物飼料不使用こだわり1 穀物飼料不使用

脂身の多いビーフ

牛に穀物を与え、牛舎の中で脂肪を蓄えさせた
グレインフェッドビーフ

も人気ですが、
びっくりドンキーは…

赤身の多いビーフ

自然環境のもとで放牧され、
牧草・干草・サイレージだけを食べて
健康に育ったグラスフェッドビーフ

こだわり2 タスマニアの広大な自然で放牧こだわり2 タスマニアの広大な自然で放牧

牛は本来、「放牧飼育」。びっくりドンキーは、牛たちが自由に動き回れる環境
タスマニアの広大な自然を選びました。成長を妨げない大自然に暮らしています。

こだわり3 牛の食べる「牧草」を追究こだわり3 牛の食べる「牧草」を追究

びっくりドンキーのチェーン本部である(株)アレフでは、本来草食動物である牛にストレスなく
理想の成長をしてもらえるように、家畜に適した「牧草」の研究をしています。

こだわり4 冷凍せずに、日本へ直送こだわり4 冷凍せずに、日本へ直送

びっくりドンキーの「ナチュラルビーフ」は、タスマニアから冷凍せずに日本へ直送。
鮮度を追究することで、お客様によりジューシーな商品をご提供しています。

びっくりドンキーはこれからも“牛本来の”成長へこだわり、研究を続けていきます。びっくりドンキーはこれからも“牛本来の”成長へこだわり、研究を続けていきます。