「牛本来の姿」を追い求めて。

ビーフ

びっくりドンキーが
ハンバーグに使用しているビーフは、
高い安全性と品質を目指す
ナチュラルビーフ。
広大な土地にのびのびと放牧され、
牧草・干草・サイレージを主食とした
放牧環境の下で
育てられたビーフです。

草を食べて、のびのびと育まれる牛たち。 草を食べて、のびのびと育まれる牛たち。

草食動物である牛は本来「草」を食べ、
自然の中を自由に動き回って成長するもの。
そんな「牛本来の姿」を追求して育てられたのが、
ナチュラルビーフです。

牛たちが食べるのは牧草、干草、サイレージ
(牧草などを発酵させた家畜用飼料)などの
植物を中心とした飼料で飼育。
穀物飼料は与えられません。
牛たちは広大な土地に放牧され、
のびのびと育まれています。

私たちのナチュラルビーフの取組は
1998年から本格的にスタート。
調査と自社基準作りを経て、
2001年からびっくりドンキー用の
ハンバーグ用ビーフとして
使用を開始しました。

豊かな自然と広大な面積を誇る指定牧場から。 豊かな自然と広大な面積を誇る指定牧場から。

私たちが使用するナチュラルビーフの産地は、
ニュージーランドとオーストラリア・タスマニア州。
これらの国・地域はBSE発生の可能性が
最も低いとされています。
今後は、新たな産地でもナチュラルビーフの
取り組みを開始する予定です。

びっくりドンキーでは、
自社および第三者による監査に合格した
生産者の皆様とだけ契約。
認証番号が記されたイヤータグで、
飼育履歴を管理しています。
飼育の基準と、と畜後の肉質基準。
両方をクリアした牛肉だけを、
ハンバーグに使用しています。

アレフナチュラルビーフの6つの原則

1味に定評のあるブリティッシュ系・
ヨーロッパ系の肉牛
丈夫で飼育しやすいヘレフォード種とアンガス種が中心です。
2成長ホルモン剤を使わず、
自然に成長させる
牛本来の自然な成長を大切に考え、
短期間に体重を増やす成長ホルモン剤は使用しません。
また、生後12ヵ月以降は抗生物質や合成抗菌剤の
使用などを禁止しています。
3飼料は牧草・干草・サイレージを
主食とした
放牧環境で育った牛
  1. ① 牛たちが食べるのは牧草・干草・サイレージが主食。
    (サイレージ:乳酸発酵させた牧草)
  2. ② 広大な土地に放牧され育っています。
4と畜・加工場の衛生管理の徹底
牛の生育環境だけでなく、と畜・加工場の衛生管理にも
細心の注意を払い、品質管理の徹底を図っています。
5トレース(追跡調査)が可能な
管理体制
認証番号が記されたイヤータグによって
一頭一頭の飼育履歴を管理。
6BSE発生の可能性が最も低い
ニュージーランドと
オーストラリア産
これらの国・地域は地理的孤立と検疫制度によって家畜が疫病から守られ、
BSE発生の可能性が最も低いといわれています。
※2015年6月時点

生育環境

TASMANIATASMANIA(タスマニア)
海に囲まれ、豊かな自然環境に恵まれたタスマニア島。
南半球で一番空気が澄んでいるともいわれています。

TASMANIANEW ZEALAND(ニュージーランド)
起伏に富んだ壮大な大地。手つかずの自然が多く残るこの地でナチュラルビーフは育ちます。

生産者

TASMANIATASMANIA(タスマニア)
リチャード・ニコルスさん

TASMANIANEW ZEALAND(ニュージーランド)
ギャリー・コッカーさん

コロコロステーキの“ビーフ”のひみつ。

TOP